HOME各症状について >寝たきりの方

寝たきりの方

KEiROWでは寝たきり0を目指します。

機能訓練、運動療法等を行い、定期的に体を動かして自力での運動能力の回復を目指します。

老後の不安のひとつに寝たきりや認知症が問題となっていますが、加齢や病気によって、必ず寝たきりになるわけではありません。
日頃から健康管理に気を付け、リハビリや介護によって、病気になっても寝たきりを防ぐことができます。
当社には寝たきりを発生させないことを目標にした十カ条があります。

寝たきりゼロへの十か条

第1条  脳卒中と骨折予防 寝たきりゼロへの第一歩

 

第2条  寝たきりは、寝かせきりから作られる。過度の安静 逆効果

 

第3条  リハビリは、早期開始が効果的 始めよう ベットの上からの訓練を

 

第4条  くらしの中でのリハビリは、食事と排泄、着替えから

 

第5条  朝おきて、まずは着替えて身だしなみ 寝・食わけて 生活にメリとハリ

 

第6条  「手は出しすぎず 目は離さず」が介護の基本 自立の気持ちを大切に

 

第7条  ベットから、移ろう移そう車椅子 行動広げて機器の活用

 

第8条  手すりつけ、段差をなくし、住みやすく、アイデア生かした 住まいの改造

 

第9条  家庭(うち)でも社会(そと)でも、よろこび見つけ、みんなで防ごう閉じこもり

 

第10条 進んで利用、機能訓練・ディサービス、寝たきりなくし、人の和 地域の和

 

 

寝たきりにしないのための介護には、ご家族様が患者様の自立を支える介護(寝たきりゼロへの十か条)を理解することが必要です。

自立できる部分、今後の自立の可能性、病気、障害を正確に把握していきましょう。

訪問マッサージでは、患者様一人一人の状態に合わせて実現が見込める目標を患者様・ご家族様と一緒に立てて行きます。
患者様ができることは、可能な限り自分でやってもらう様に促します。

できないことについては、今後の課題になりますので、なぜ出来ないのか?改善が見込めるか?考え、なにかコツやアドバイスが有りましたら助言をしています。

このように、ご家族様と一緒に最適な対応をしながら患者様が寝たきりにならないよう介護をします。