大阪市城東区、鶴見区、都島区、旭区、東成区、中央区、北区の訪問医療マッサージ・訪問リハビリマッサージ|KEiROW(ケイロウ)大阪城東ステーション

大阪城東ステーション
【営業時間】9:00~19:00【定休日】日曜日・祝日【電話番号】0120-19-8686 お問い合わせ

肺がん (はいがん)

2021年01月13日

┘┘┘┘┘┘ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘
肺がん(はいがん)
┘┘┘┘┘┘ ┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

男女とも死因のトップ。女性の罹患率が増え続けている
肺がんとは肺にできるがんのことで、近年患者さんの数が増加しています。肺は胸の大部分を占める臓器で左右に1つずつあり、酸素を血液に取り入れ、二酸化炭素を排出する役割を持つ。

肺がんとは、肺内や気管、気管支にできる悪性腫瘍の総称。進行するにつれて周りの細胞を破壊しながら増殖し、血液やリンパの流れに乗って全身に広がる。罹患率、死亡率は40歳代後半から増え始め、高齢になるほど高い。喫煙が最大の原因なので、喫煙歴のある40歳以上の人は注意が必要。受動喫煙によるリスクも高い。

「症状」
●せき ●喀痰(血痰) ●胸痛 ●喘鳴 ●嗄声 ●発熱 ●呼吸困難 ●疲労感

「治療法」
手術
放射線治療
科学療法、抗がん剤治療、分子標的治療
※末期…鎮痛剤の投与、在宅酸素療法

「高齢者には注意が必要です!」
高齢者では、典型的な肺がんの症状だけではなく、脳転移による頭痛、骨転移による腰痛、胸水貯留による胸痛などから肺がん(転移性肺がん)が見つかる場合もある

「アセスメントのポイント」
●呼吸の状態、息切れや呼吸困難はあるか
●喫煙習慣は続いていないか
●感染予防のための理解はあるか

「今後の見通しと支援」
肺がんでは、肺炎などの合併症に注意が必要。規則正しい生活や栄養で免疫力をつけ、感染予防対策を徹底する

「日常生活の留意点」
●呼吸機能が低下するため、すぐに禁煙が必要
●食事は特に制限はない。栄養バランスの良いものを規則正しく摂る
●手術後に肺がんによる息切れや呼吸困難がある場合、専門職との連携で、呼吸器リハビリテーションを取り入れましょう
●大腿などの筋肉を鍛えることで、呼吸機能の改善を図ることができる
●手術をした場合、痰が増える。口腔ケアを徹底し、誤嚥性肺炎を予防
●感染予防のため、外出時はマスクを着用して人混みを避け、外出後の手洗い、うがいを徹底

「医療連携のポイント」
●定期的な通院・検査
●呼吸器リハビリテーションの評価・指示
副作用・治療の影響
手術後には痰の増加、呼吸機能の低下や痛み、免疫力低下に注意
●健康保険適用の訪問マッサージ https://keirow-jotoimafuku.com/

-------------------

ご高齢者が寝たきりにならないようにするには、定期的な運動やマッサージが大変重要です。通常の場合、病院など医療機関が行うリハビリテーションに通うのが一般的ですが、移動、スケジュール、費用負担が大きいといった理由で敬遠される方が多いのが現状です。
また、訪問リハビリテーションを受ける場合でも、他の介護サービスの利用回数が減ってしまって、日常生活に支障が起きる場合もあります。

各種保険適用の訪問医療マッサージKEiROWは、そのようなご利用者様のためのサービスです。
医療保険が適用になるため、自己負担は一回あたり305円~455円程度になります。
また、介護保険を利用しサービス限度額が満額の方でも、医療保険が適用になるため気にせず治療に専念する事ができます。

【対応疾患例】
脳血管障害後遺症(脳梗塞、脳出血、脳幹出血、脳内出血、くも膜下出血、脳卒中など)、脊髄損傷後遺症、骨折術後の後遺症、リウマチ、パーキンソン病、パーキンソン病症候群、変形性膝関節症、変形性脊椎症、筋萎縮、関節拘縮、脳性麻痺(成人)、変形性頚椎症、変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)、変形性腰椎症、変形性膝関節症、変形性関節症、多発性脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍術後、脳挫傷、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症、球脊髄性筋萎縮症、シャイ・ドレーガー症候群、大脳皮質基底核変性症、運動ニューロン病、筋緊張性ジストロフィー、後縦靭帯骨化症、頚椎症性脊髄症、多発性硬化症、脊柱管狭窄症、脊髄損傷、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、糖尿病性抹消神経障害、関節運動障害、筋麻痺、関節拘縮、その他疼痛疾患などバーチャ病、筋ジストロフィー、ニューロパチー、純粋アキネジア変形性腰痛症、変形性膝関節症、変形性脊椎症、慢性関節リウマチ、多発性関節リウマチ、腰椎椎間板ヘルニア、脳性麻痺、頚髄損傷、頸椎損傷、四肢体幹機能障害、広範脊柱管狭窄症、大腿骨頸部骨折後遺症、四肢筋萎縮、大脳皮質萎縮、多系統萎縮症、脊髄小脳変性症、サルコイドーシス、末梢神経障害、ギランバレー症候群、神経原生筋萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、全身廃用症候群、上下肢筋肉廃用性萎縮、閉塞性動脈硬化症、長期透析合併症による骨関節障害、多発性筋炎・・・など

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

訪問マッサージは、店舗数業界No.1(360店舗)のKEiROW!
18年間の安心と実績のケイロウにお任せください!

訪問マッサージの無料体験はお気軽にお申しつけください!
お問い合わせ電話番号は、0120-19-8686 (フリーダイヤル 行く ハローハロー)です。

安心の【女性】のあん摩マッサージ指圧師【3名】、【男性】のあん摩マッサージ指圧師【5名】、事務・営業スタッフを含め【総勢10名】で運営しております!

【訪問エリア】★大阪府全域★
大阪市(城東区、鶴見区、都島区、北区、中央区、旭区、東成区、天王寺区、浪速区、生野区、福島区、西区、東淀川区、西淀川区、淀川区、阿倍野区、平野区、港区、此花区、西成区、住吉区、東住吉区、大正区、住之江区)、東大阪市、門真市、守口市、大東市、四条畷市、寝屋川市、摂津市、交野市、八尾市、豊中市、吹田市

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

■訪問医療マッサージ KEiROW 大阪城東ステーション■
大阪市城東区鴫野西4-10-14 ショッピングフロアーステップ 1F
電話番号:0120-19-8686 (フリーダイヤル 行く ハローハロー)
ホームページ:https://keirow-jotoimafuku.com/
Facebook:https://www.facebook.com/keirowkeirow/

┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘┘

訪問医療マッサージKEiROW(ケイロウ)が運営!
健康情報サイトは、【健康Walker(健康ウォーカー)】⇒ https://kenkowalker.com/